Yシャツの臭いがすごい!

自分が脱いだYシャツが臭い

仕事から帰ってきて、
着替える時にYシャツがちょっと臭い・・

古い油のような、ぞうきんのような臭い。
他の衣類にも臭いがうつってしまいそう・・
そもそも、洗濯しても臭いがとれにくい。

こんな経験ありますか?

臭いがとれないので、2回連続で洗濯して、
「臭いがとれたかな?」と思い、着てみるが
しばらく時間がたつと自分でもわかるくらい臭ってくるしつこい臭い。

なかなか困っていたのですが、
調べてみるととても簡単な洗濯方法で解決することができました。



Yシャツの臭いが消える洗濯法

家で洗濯する場合

洗濯するときに、まず洗剤を入れますよね?

柔軟材も入れる場合があると思います。

次に、漂白剤を入れて洗濯する方って、
案外少ないんじゃないでしょうか?

実は、臭いが消える洗濯法とゆうのは

「漂白剤を入れて洗濯する」ってことです。

たったこれだけです。
とても、簡単です。

つけおきなんかは不要で、
洗剤を入れる時に入れるとゆうような説明書きがあります。
(お使いの洗濯機によって使い方が多少違うかもしれませんが。)

酸素系の衣料用漂白剤は、除菌の効果があり、
色のついた洗濯物を洗っても色落ちしないので便利ですね。

たった、これだけでワイシャツの臭いがおちるようになりました。

クリーニング店で臭いを落としてもらう

ウールやカシミアなどの素材を使った物や、ロングコートなど
家ではちょと洗いにくい物ってクリーニング店に出す場合もあると思います。

出す時に、「臭いがとれない」と伝えてみてください。

その衣類に見合った方法で、臭いを取ってくれます。

クリーニング店では主に溶剤をつかって洗濯します。
これは、服についた油汚れを落とす効果が強いそうです。

汗などのよごれは普通の洗濯でも落ちますが、
皮脂などの油よごれは落ちにくいようです。

自分の体臭の原因は衣類臭が原因となっていることがあります

やはり、衣類のぞうきん臭いニオイなどが立ち上ると

周囲からはそれが、体臭と思われてもしかたがありません。

Yシャツなど、毎日着るものは清潔にしたいものです。

それとともに、自分の体臭・加齢臭の元を改善することが重要になってくるのは間違いありません。

臭いのもとをたつには?Yシャツの襟汚れに注目!

いくら、洗濯して、臭いがとれても着るたびにまた臭くなってくる・・

これでは、根本的な解決とはいえませんよね?

衣類につく臭いの原因は自分の体臭です。

この体臭をおさえるのが1番の解決策だと思います。

さて、洗濯しただけではなかなか臭いがとれない、毎日お風呂にはいって清潔にしているが、臭いがする、

こんな場合は、加齢臭が原因の可能性があります。

汗臭さとは違ったあの独特な臭い、

衣類などにしみつく強烈な臭い。

加齢臭など自分の臭いはなかなか本人は気がつかないものです。

ただ、衣類など別のものについた自分の臭いは自分で嗅いでも不思議と分かるものです。

自分でぬいだワイシャツなどを自分で嗅いでみて、ちょっと臭いと感じるようであれば
他の人からは、臭いなと思われている可能性が高いと思ったほうがいいかもしれません。

Yシャツの襟汚れが目立つなら・・

脂臭いニオイの原因は体から分泌される皮脂汚れが原因となります。

そして、首周りは皮脂が多く分泌される場所です。

なので、Yシャツの襟汚れが気になる、そして臭い・・

そんな場合は、脂臭い体臭や加齢臭がしている可能性が大です。

また、まだそれほど気にならなくても、日ごろのケアを心がけておけば加齢臭の予防にもなります。

加齢臭を防ぐ入浴法

加齢臭は普通に入浴するだけではなかなか防げないんです。

加齢臭の原因は体から出る皮脂です。

風呂に入って綺麗にしても、時間とともに皮脂がでるのが普通です。

その皮脂が酸化して臭いを放つのです。

なので、仕事の前などでかける前にお風呂にはいるのが効果的です。

体の洗い方なのですが、けしてゴシゴシ洗ってはいけません。

皮脂をとりすぎると、その分過剰に体が皮脂をだしてしまいます。

よく泡立て泡で体をつつむようなイメージで洗います。

そして、普通の石鹸ではなくて、加齢臭などの臭い対策用の石鹸が効果的です。

すばやく殺菌して、その効果を持続させることができるのが特徴です。

まとめると、こんな感じです。

  •  朝起きてから、風呂にはいる。
  •  ゴシゴシ体を洗わない
  •  よく泡立て、やさしく洗う
  •  体臭対策用の石鹸を使う

↓のページで、加齢臭石鹸を3種類比較していますので参考にしてみてください。

加齢臭石鹸ランキング
衣類の加齢臭